キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの違いがよく分からない。。

キャッシングもカードローンもよく耳にする言葉ですが、その違いを正確に理解できている人はあまりいないかもしれません。いざお金を借りようと思った時、どちらを利用すればいいのか迷ってしまうという声もよく耳にしますので、簡単にその違いを説明しましょう。

 

キャッシングは、「お金を引き出す」というのが本来の意味でした。それが転じて、昔は「翌月一括返済の融資」という意味で使われていました。それに対してカードローンとは、使い道を限定しない、分割払いで返済する融資をさします。しかし、今ではキャッシングという言葉も業者によって異なっていますので、一口に「これだ!」という定義が存在しないのが現実のようです。キャッシングと書いてあっても、大体の業者が分割払い対応が可能となっています。広い意味で言えば、キャッシングとはお金を借りる行為、と思っていて問題はないでしょう。

 

今では、キャッシングとカードローンという言葉の意味にそれほどの違いはなさそうですね。

 

ただ、カードローンといえば銀行などが取り扱っている金利が低めの商品で、キャッシングはプロミスなど消費者金融が取り扱っている利便性が高く、若干金利が高めな商品という、棲み分けはある程度出来ています。しかしこの棲み分けも明確なものではありませんので、その商品内容を考えるヒント、ぐらいに思っておくといいでしょう。ですので、キャッシングかカードローンかを迷った場合は、名前だけで判断せずに、その商品の金利やサービス内容を比較して自分の状況にぴったり合った商品を選ぶことが大切です。それほど高額の借り入れではない場合は、プロミスなどの消費者金融でキャッシングを利用するのが利便性は高いのでは?と感じます。

 

 

プロミス 口コミ   TOPへ戻る