消費者金融とクレジットカードの違い

消費者金融とクレジットカードの違い…分かりません。。

消費者金融とクレジットカード、テレビのCMなどでよく見かけますよね。どちらもお金を借りる行為ですが、その方法に違いがあります。

 

まず、プロミスなどの消費者金融とは、基本的には無担保でお金を貸し出すサービスのことを言います。その多くが、用途を指定しないフリーキャッシングを扱っています。(生計費に限ります。)ですので消費者金融というと、カードやインターネットを利用して好きな時に、好きな金額を借りることができる融資のことを指すこともあります。審査や手続きがスピーディーで、利便性が大変高く利用しやすい仕組みになっているので、力強い庶民の味方ですよね。

 

それに対してクレジットカードとは、信販会社や銀行が取り扱っているショッピングに利用できるカードです。ショッピングの際に提示することによって、現金がなくとも支払いを行うことができます。その支払いは、一括払いや、分割払いなど、自分の好きな支払い方法を指定することができます。クレジットカードのショッピング利用の場合は一括払いだと、金利手数料はかからず、分割払いのみ金利がかかります。多くの会社で利用額に応じたポイント制度を導入していますので、使い方によっては現金でショッピングするよりも、格段にお得になることがあります。

 

現金で買い物をすれば何のポイントもつきませんが、クレジットカードを利用すればポイントが付きますので、積極的に利用している人も数多くいるのではないでしょうか。またクレジットカードにはキャッシング機能もついていて、お金が足りなくなったら、利用可能限度額までは引き出すことが可能です。この場合は金利がかかりますので注意が必要です。

 

これまで、消費者金融はそのイメージから利用しづらいという印象がありました。ただ、考えてみるとクレジットカードでショッピングをするのも消費者金融でお金を借りるのも行為自体は同じなんですよね。。