キャッシングの総量規制対象外

総量規制対象外ってどういう意味?

「総量規制」この言葉はキャッシングをしている人なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

これは借り過ぎを防ぐために制定された法律です。一昔前、何社もの消費者金融からお金を借り過ぎて返済不能に陥るという、「多重債務者」が社会問題になりました。それを防ぐために、すべての消費者金融からの個人の借入限度額は年収の三分の一までと定められたのです。

 

多重債務に陥らないということは、利用者にとってもありがたいことですが、本当に困っている時に融資を受けることができないので、困っているという人も数多くいるのが現実です。どうしても、お金が必要なのに総量規制のせいで、融資が受けられない、そういう方はどこでも借りられないの?と思うかもしれませんが、実はそんなことはありません。

 

総量規制の対象外となっている貸金業者があります。

 

それは銀行です。

 

銀行がそんな状態でお金を貸してくれる訳ないじゃないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。確かに消費者金融と比較すれば審査は厳しめですが、一昔前ほどの厳格さはなくなっています。また、総量規制のことを考えると、初めてのお金を借りるという人はまず、銀行から借りるのも一つの手です。

 

審査が緩くなったとはいえ、消費者金融よりも銀行のほうが厳しいのは確かですから、先に銀行から借りておく方が無難です。そうれば後々消費者金融から借りるとなった時も、それまでの借入額は総量規制の対象とならないので、より多く借入をすることができます。

 

銀行のカードローンをうまく利用して、総量規制を上手に攻略しましょう!